プレゼンテーション

わかりやすく、魅力的に伝える方法

わかりやすく、魅力的に伝える方法







このテクニックは特に難解な商品や、高機能を売りにしている商品にとって、とても効果的なテクニックになります。





それは『比喩』をうまく使うことです。



比喩とは、例え話のことですね。



なんだ、そんなことか・・・

とがっかりしないでください。



比喩表現を理解することができれば、あなたの商品・サービスをもっとわかりやすく、魅力的に理解してもらうことができます。





Appleはこの方法をとてもうまく活用してます。



iMac製品を例に、普通に伝える場合と比喩を使った場合で比べていきましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【普通の場合】

新しいMacを紹介します。

ディスプレイは
27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイ、5,120 x 2,880ピクセル解像度、十億色対応

プロセッサは
3.8GHzクアッドコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大4.2GHz)

メモリは
8GB(4GB x 2)2,400MHz DDR4メモリ、ユーザーがアクセスできるSO-DIMMスロット x 4

サイズは
高さ:51.6 cm、幅:65.0 cm、スタンドの奥行き:20.3 cm、重量:9.44 kg2

です。

どうですか?
とても素晴らしい製品でしょ?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



といった感じで、この商品がどれだけ最新のテクノロジーを採用しているかの説明だけで終わってしまいます。



これでは、本当にパソコンに詳しい人しか理解することはできません。





一方、Appleは比喩を使いながら見込み客の感情を高めます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【Appleの場合】

あなたの目が息をのむほどに最も明るく最もカラフルなRetinaディスプレイ。

文字はとてもクリアでシャープに映し出され、Eメールも書類もかつてないほど洗練されて見えます。

あなたがやりたいことをなんでもこなせます。

しかも最大限のスピードで、高速な思考に高速な頭脳を与えます。

容量を意味するストレージは、飛ぶように早く、とびきり賢いFusion Drive搭載

Thunderbolt 3を使えば、iMacにあらかじめ搭載された驚異的なディスプレイに5Kディスプレイを1台追加できあなたのオフィスをギャラリーに変えることができます。

これが新しいMacです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



このMacの例ではプロセッサを「頭脳」に例え、処理速度を「飛ぶように早く」と例え、ディスプレイを追加することで「ギャラリー」になると例えています。



難しい専門用語よりも普段、私たちが使っている言葉で商品の素晴らしさを表現することで誰でも簡単に商品の持つ価値を理解することができるのです。

※ここで紹介したMacのコピーはAppleホームページより引用し、短くお伝えするため、文章を加工しています。





大切なことは、伝える側と伝えられる側が、その提案の内容を、共有できているか、また想像しやすいかどうか、という点を意識しなければいけないことです。



これができなければ、どんなに素晴らしい提案も聞き手に受け入れられることはありません。





たとえば、面積の大きさを表すのに、「東京ドーム何個分」と表現されたりします。



関西では、甲子園球場や琵琶湖に例え、

名古屋では、ナゴヤドームに例えると聞いたことがあります。



要するに、身近な対象物が比喩の表現にならなければ意味がありません。





比喩とともにもう一つ伝わりやすさを演出するテクニックがあります。



それが『比較』です。



これをわかりやすく説明するには、IBMが超高速スーパーコンピューター「ロードランナー」を発表した時のプレゼンがとても秀逸で、わかりやすいと思います。



「ロードランナーが1日で処理するだけの計算をしようと思ったら、電卓でひとりが1秒に1回の計算ができるとして、世界中の人(約60億人)が46年以上もかかることになります。

過去10年間、コストと効率の面でスーパーコンピュータが実現してきた改善と同じスピードで車の燃費が改善してきたとしたら、今の車はガソリン1リットルで8万5000キロも走るようになってるはずです」



どうですか?とてもおもしろい比較をしていますよね?



まずは人に例えて比較することで、処理能力の高さがとんでもないスピードであることがわかります。



そして、コンピューターを自動車業界と比較してその技術の進歩がとてつもなく高度なことだということをわかりやすく説明しています。





このように、自社商品がお客さんにとって身近なものではなく、理解しづらいものであるなら、お客さんが想像しやすいように別の業界や商品と比べたりすることで、自社商品の素晴らしさを伝えることができるのです。





自社商品・サービスを紹介する際に、すごいものだと思わせたり、難しい専門用語や表現で、あなたに高い専門性と高度な知識があることを示すことも確かに必要です。



ですがその場合、聞き手に共感してもらいたい部分とあなたの専門性の高さを伝える部分とは分けて考えるようにしましょう。







共感力を養うセミナーを開催しています!!

尚、5月度もオンライン(ZOOM)開催ですPC

-プレゼンテーション

© 2020 Laugh Lab. All Rights Reserved.