プレゼンテーション

プレゼンの手法、『PREP法』

プレゼンの手法、『PREP法』







昨日のブログでは、プレゼンの手法として、『ホールパート法』をお伝えしましたウインク





本日ご紹介するのは、もう一つの有名な手法です筋肉



結論を述べた後に、「なぜなら…」と理由を続け、具体例も伝える方法です。





① Point(結論):提案内容

② Reason(理由):なぜならば、理由は…など

③ Example(具体例):たとえば…

④ Point(結論):提案(①の繰り返し)





それでは昨日と同様に、「コーヒーメーカー」を例にしてご説明しましょう星



① 私がテレワークの環境にお勧めするアイテムは、「コーヒーメーカー(ネスプレッソマシン)」です。

② なぜなら、「気分転換」したい時、コーヒーには「リラックス効果」があり、このマシンはとても「手軽」だからです。

③ たとえば、ほんの5分だけで良いのでホッとしたい、そんな時は、キャラメルのフレーバーにフォームミルクを入れれば、簡単に本格派のカプチーノが出来上がり、一瞬で幸せな気持ちになれます。

④ ということで、私がテレワークの環境にお勧めするアイテムは、「コーヒーメーカー(ネスプレッソマシン)」です。






いかがでしょうか?

とてもわかりやすいですよねちゅー



というより、ひょっとして皆さん、コーヒーメーカーが欲しくなってるんじゃないでしょうか?笑



この商品を売っても私には1円も入りませんが、マジでお勧めなので、以下にリンクを貼っておきますねグッ

https://www.nespresso.com/jp/ja/order/machines/originalコーヒー





話はそれましたが、昨日ご紹介した「ホールパート法」と、本日の「PREP法」、

これら2つの手法には、共通するとても重要な点があるのですが、何かわかりますか?





















答えは、

「結論ファースト」

という点です。



最初に「相手にどうしてほしいか」という「結論」を言うのです。

そうすることで、話の全体像を相手に想像してもらうことができ、

スムーズに意思疎通を行うことができますOK





私も前職の営業マン時代、

上司に報・連・相を行う時も、得意先のDRや販売代理店の方々に情報提供を行う時も、

このことだけは常に意識していました。



皆さん、日々忙しく、とても頭の良い人たちばかりですので、

要点を得ないダラダラした話に付き合うほど暇ではありません。



端的に、的確に、物事を伝えることは、ビジネスマンとして最低限のマナーなのです上差し





…とまぁ、偉そうに書きましたが、

「森田てめぇ!結局何が言いてえんだよこの野郎!」

と、何度も有難いお言葉を頂戴したので、今がアリマス真顔アザス。チーン。







ビジネスシーンで役に立つ笑いのスキルを身に付けるセミナーを開催しています!!

尚、7月度もオンライン(ZOOM)開催ですPC

-プレゼンテーション

© 2020 Laugh Lab. All Rights Reserved.