ラフラボ

おい森田!聞いてんのか!!

おい森田!聞いてんのか!!







これは僕が高校生の頃に経験した、本当にあった怖い話です。





毎年4月時点では部員数100名を優に超える、埼玉でも屈指のサッカー強豪校サッカー



ここで「4月時点」と記述したのには理由があります。



毎年8月に地獄の鬼合宿が長野県は菅平高原で実施されるのですが、上級生の先輩方が新入生に対して、

「合宿はまじで死ぬから」

「遺書を忘れるな」

と、事前にご丁寧に命の危険性を教えてくれますおすましスワン





そして、新入生はそれを聞いて、7月までに20人くらい辞め、

実際に合宿に参加したら、その警告が冗談じゃなかったことを知り、9月までにさらに20人くらい辞めて、

だいたい60人くらいが無事(?)年末を迎えることができるのですおすましペガサス



そのため、学内には「元サッカー部」を名乗る過去の戦友で溢れかえっていました。





何がそんなにキツいのかというと、

まず、練習メニューそのものがスーパーハードでした。



朝から晩まで、文字通り走りっぱなしです。

早朝5時に、バケツ一杯に入れられたウイダーインゼリーを各自ひとつずつ口にして、山を登ったり降りたりします富士山



みんな少しでもパワーが欲しいところですが、

上級生がウイダーインゼリーの「エネルギー」を召し上がられるので、 新入生は残り物の全く欲してない「ビタミン」とか「鉄分」とか「コラーゲン」とかを補充してお肌を整えてから戦場に向かいますゲロー



見渡せば、泣いてる人、吐いてる人、倒れる人、

近道しようと舗装されていない山道に進まれた勇者も現れて、その後、遭難騒ぎになったこともありました。



あれは本当にあった出来事だったのでしょうか。

社会に出てからもあそこまでの地獄絵図はなかなかお目にかかりません。







そして、もうひとつのキツい理由。



監督・先生が、超絶コワイ滝汗




天候にかかわらず常時サングラスをお召しになり、愛車は黒塗りのベンツグラサン

人を殺めることなどは造作もないでしょう。





そんなある日、事件が勃発しました。



大先生の大事なお話を、あろうことかまるで聞いていないサイコ野郎がいたのです。



え?誰って?



そう、森田選手ですウインク





新しい練習メニューを説明された後、

「はじめろ!」

と言われたものの、何をすれば良いかわかりませんでした。



にもかかわらず、整列するとき一番前に並んでしまっていたのです真顔



練習内容を全く理解していませんでしたが、とにかく思いっきりシュートを打ちました。



が、その直後、



「シーーーーーン。」



と静寂に包まれました。





「あ、死んだ。母さん。」



動物的な勘が、僕にそう告げました。





ツカツカツカ、

大先生が僕に近づき、



「…お前、俺の話、聞いてたか?」





僕は、恐る恐る、



「す、すみません、聞いてませんでした…」





そう答えたところで、記憶が途切れます。  





完。





そして、気がついたときには、鼻にティッシュを詰めている自分がそこにありました。





後に聞けば、ディフェンスがオフェンスのドリブルに対応して、体の向きを素早く合わせる練習だったそうです。



「ボールから絶対に目を離すな」というヤツ。



ディフェンス超メインの練習で、森田選手は得意の半身かわしてシュートを叩き込んだのであります。



チームメイトからは、自殺現場を目撃したと言われましたチーン



確かに、ある意味目を背けたくなる光景です(無事死亡)。







さて、僕の青春時代を長々と思い出してしまいましたが、

プレゼンやコミュニケーションのスキルを教える僕がなぜそんなことを書き出したのかというと、



人間は、人の話の80%は聞いていないそうです。





もちろん、高校生の頃の僕にも問題は多分にあると思いますが、

この数値を見ると、むしろ集中して聞いている方が珍しいことがわかります。



たとえ最初は聞こうと思っていたとしても、いつの間にかぼんやり違うことを考えてしまっている。 

眠いとか、退屈とか、お腹すいたなとか、ちょっと寒いなとか、早く終わらないかなとか。





でも、先生、それが当然とご理解ください笑い泣き



どんなにプレゼンが上手くなっても、こちらの言うことを100%理解してくれる、なんてあり得ないのです。



相手の理解力が悪いわけでもなく、自分の伝え方が悪いわけでもなく、そーゆーものなんです。



すべては伝わらないんです。



話を聞いてもらうときは、「みんな人の話を聞いていない」と理解することからスタートしましょう上差し





まあ、怖くてそんなこと、言えるはずもありませんが。笑



先生、あの時は本当に、ごめんなさい。m(__)m







ビジネスシーンで役に立つ笑いのスキルを身に付けるセミナーを開催しています!!

尚、7月度もオンライン(ZOOM)開催ですPC

-ラフラボ

© 2020 Laugh Lab. All Rights Reserved.