ユーモア

ビジネスの「面白い」とは、「funny」ではなく、「◯◯」である。

ビジネスの「面白い」とは、「funny」ではなく、「◯◯」である







さて、一言で「面白い」と言っても、日本語の「面白い」には様々なニュアンスがあります上差し





例えば、 考えさせられる本を読んだときの「面白い」おねがい

お笑い芸人のコントを見て笑い転げるような「面白い」笑い泣き

ハラハラドキドキする映画の感想としての「面白い」びっくり

などなど。





日本語では1つの「面白い」で複数の意味を表しているのに対して、

英語ではそれを使い分けていますので、それぞれの違いをご紹介しましょうウインク





■ interesting ■

知的な興味や関心を引く議論や書物の内容、新聞の記事、理科の実験などが、それを見た人に「興味を抱かせる、関心を起こさせる」という意味を表す語です。

知的な興味や関心を引くので、興味が湧いて面白いと表現されます。

「面白おかしい」とは関係がありません。





■ funny ■

滑稽で「おかしく笑いを誘う」という意味です。

おかしな光景や、面白いジョークに対してなど幅広く使えます。





■ hilarious ■

「大笑いを誘う」 

「funny」よりもさらにワハハと爆笑する面白さ。

「funny」では物足りないときによく使われます。





■ amusing ■

「面白い」「楽しい」

娯楽的な面白さの表現。

人を楽しませたり、笑わせたりするニュアンスです。





■ entertaining ■

「愉快な」「面白い」

こちらも娯楽的なニュアンスが強い表現。

「entertain」は「楽しませる」という意味。





■ exciting ■

「興奮させる」「わくわくする」

わくわくしたり、興奮するような面白さは「exciting」が適切。





■ comical ■

「滑稽な」「おどけた」

思わず笑ってしまうような面白さの表現。

日本語の「コミカル」とほぼ同じです。



など、たくさんの表現がありますちゅー







それでは、ビジネスシーンで求められる「面白い」とは、いったいどれのことを指すのでしょうか?





それはずばり、「interesting」です星





人の感情、喜怒哀楽をしっかり動かすものが、ビジネスシーンに相応しい「面白い」であり、

「interesting」には、苦痛を取り除き、やる気を起こさせる効果があるのです筋肉





当ブログでも度々お伝えしておりますが、

プレゼンテーションの目的は「聴き手に行動してもらうこと」です。



そのために、聴き手の興味を惹きつけて、行動する気を引き出すために、「interesting」が必要となりますグッ





私自身、「ビジネスシーンで役に立つ笑いのスキルを教える熱きプロフェッショナル」と名乗っておりますが、

あくまでも「funny」な奴が「interesting」を追求しております真顔





ビジネスの「面白い」とは、「interesting」なので、あーるグラサン

※↑この言い方は「funny」か「comical」です。



ややこしや〜ニヤニヤ







ビジネスシーンで役に立つ笑いのスキルを身に付けるセミナーを開催しています!!

尚、8月度もオンライン(ZOOM)開催ですPC

-ユーモア

© 2020 Laugh Lab. All Rights Reserved.