マインド

もし、私にユーモアがなければ、これほど長く苦しい戦いには耐えられなかったでしょう。

もし、私にユーモアがなければ、これほど長く苦しい戦いには耐えられなかったでしょう。

マハトマ・ガンジー(1869/10/2〜1984/1/30 弁護士・宗教家・政治指導者)







前向きになれる名言を探していたところ、この言葉に出会いました。





マハトマ・ガンジー(=マハートマー・ガーンディー)として知られるインド独立の父ですが、 皆さんはご存知でしょうか?





なんと、「マハートマー」とは「偉大なる魂」という意味で、本名ではないそうですポーン



インドの詩聖タゴールさんから贈られたとされるガンジーさんの尊称との事。



※ちなみに、本名は「モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー」。





わかりやすく、今風に言うとすれば、 ベジータさんが強くなり過ぎてしまい、「超ベジータ」と名乗るようなイメージでしょうか?   

いいね!22件、コメント5件 ― YUMA SKYWALKER(@yumaxxx85)のInstagram ... 

…ヤバイっすね真顔





他にもこんな方もいらっしゃいました。   

絶倫堕 on Twitter: "美しい魔闘家鈴木 私のことを人にしゃべるとき ...

…ヤバイっすね真顔真顔真顔

見事なまでの、圧倒的な厨二感です。  



そんな偉大なる魂・ガンジーさんは、 南アフリカで弁護士をする傍らで公民権運動に参加し、帰国後はインドのイギリスからの独立運動を指揮され、

鈴木さんとは異なり、名前だけでなく、素晴らしい実績を残されています。



特に、民衆暴動やゲリラ戦の形を取るのではなく、「非暴力、不服従」を提唱したことから、

ガンジーさんの誕生日である10月2日は、インドで毎年「ガンジー記念日」という国民の休日となっており、

「国際非暴力デー」とされているそうです。





そして、ガンジーさんは、本日のタイトルの他にもたくさんの名言を残されていますが、 そのどれもが「超ポジティブ」であり、苦しみの中から楽しみを見出していることがわかります。





この考え方、めちゃめちゃ参考にすべきだと感じています。





僕自身、新しいことにチャレンジしようとすると、必ず逆風に煽られて、

その度に、やめておこうかな、諦めようかな、というネガティブな思考がよぎります。





でも、

偉大なる魂・ガンジーさんが挑戦したことに比べたら、

というより比べるのもおこがましいほどあまりにもちっぽけなことで、それすらも諦めてしまったら、

さすがのガンジーさんも、助走をつけて殴ってくる気がします滝汗





次世代の子どもたちに「カッコイイビジネスマン・森田」と呼ばれるためにも、

ユーモアを大切にして、挑戦し続けたいと思います筋肉





ビジネスシーンで役に立つ笑いのスキルを身に付けるセミナーを開催しています!!

尚、8月度もオンライン(ZOOM)開催ですPC

-マインド

© 2020 Laugh Lab. All Rights Reserved.