プレゼンテーション

データに命を吹き込む

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆







ソビエト連邦の独裁者スターリンのものとされる、有名な格言の中に、恐ろしい真実を示した言葉があります。



「一人の人間の死は悲劇だが、百万人の人間の死は統計上の数字にすぎない」



というもの。



悲劇や惨事に対する強い感情は、その数が大きくなって匿名になると消えていくのです。







そして、このことはプレゼンテーションにおいても同様です。





問題のすべてを全身全霊で強調して、強い反応を引き出そうとするやり方は、

狙いとは逆に、聞き手の無感動や無関心を生み出してしまうことがあります。





マザーテレサの言葉、



「大勢の人を見てしまったら、私は決して行動しないでしょう」



が、この現象を上手く説明しています。







福祉団体などのテレビ広告や郵送物を思い出してください。



驚くような統計が強調されますが、決してそこで終わりません。



その後、ある個人を登場させ、その人の個人的な苦しみを紹介します。



個人の名前や顔を見せて、その統計数字にリアルさを加えるのです。





この言葉が示すように、統計上の数字を個人的な悲劇に変えること、

すなわち「数字に命を吹き込むこと」は聞き手の心を掴むので、強力な影響力を持ちます。







この現象を知れば、統計数字を挙げることはすべてやめて、私的な話だけのプレゼンテーションにしようと思うかも知れません。



しかし、これもまたメッセージを弱めるだけです。



エピソードによる証拠をいくつか聞いただけでは、それらのストーリーが実際にどれほど話し手のメッセージ内容を反映しているのか聞き手は疑問に思うからです。





数字だけを報告するのはダメですが、人々のことを述べるだけでもダメ。



数字に顔を持たせて命を吹き込むのです✨







ビジネスシーンで役に立つ笑いのスキルを身につけるセミナーを開催しています!

尚、10-11月度もオンライン(ZOOM)開催です☆

-プレゼンテーション

© 2020 Laugh Lab. All Rights Reserved.