プレゼンテーション

おれの名をいってみろ!

えっ…😨







さ、さて、気を取り直しまして…





働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆







皆さんは、

「人は皆、同じ種の音を好む」

ということをご存知でしょうか?





また、それはどんな音でしょうか?





自分の子供の声?

これも上位にランクインしていますが、残念ながら違います。







人が最も好む音とは、

「自分の名前の音」

です😊

なるほど…

だからこのお方はこんなにも自分の名前を聞いてこられていたのですね😇







デール・カーネギーが、『人を動かす』で、これを証明する自身の観察を紹介しています。



「誰かとよい関係を築きたいなら、その人の名前を覚えて会話の中でその名前を使おう」

とカーネギーは強く薦めています。







そして、

よいプレゼンテーションとは会話と同じような「質」を持つものと言えるので、カーネギーのこのアドバイスがピタリと当てはまります⭐️

は、早く名前を言ってあげてください!😱







プレゼンテーションにおいても、聞き手の名前を覚えて話の中で使うようにすれば、より早く、よりよくつながることができます。





話し手と聞き手との間に親近感が早く生まれ、話し手のメッセージに対し、聞き手の心が早いうちに開くからです。





話し手から自分の名前に注意を払ってもらった聞き手は、その話し手に注意を払おうという気持ちになるものです。

あちゃー、ほらもう自分で言っちゃいましたよー😫





しかしながら、原作では名前を言えなかった方々はフツーに殺されていました。ちーん。







聞き手の名前を覚えることが話し手にとっていかに強い力となるか。





殺されたくない方は、プレゼンテーションを行う際は、このことをぜひ覚えておいて頂ければ幸いです✨





そのことを身をもって教えてくれたジャギ様には、この場をお借りして心より御礼申し上げます。m(__)m







ビジネスシーンで役に立つ笑いのスキルを身に付けるセミナーを開催しています!

尚、11月度もオンライン(ZOOM)開催です☆

-プレゼンテーション

© 2020 Laugh Lab. All Rights Reserved.