マインド

やらされ感をなくす「ジョブ・クラフティング」

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆







仕事がつまらないと感じたとき、ぜひとも思い出して頂きたい法則があります。



それが本日のタイトル、「ジョブ・クラフティング」です。





ジョブ・クラフティングとは、

「仕事のとらえ方を修正することで、いかなる仕事でもやりがいのあるものに変える手法」

のこと。



米イェール大学経営大学院で組織行動論のエイミー・レズネフスキー教授とミシガン大学のジェーン・E・ダットン教授が提唱する、注目される理論です😎





次のことをすると、「仕事をやりがいのあるものにできる」と説いています。



 ①人とのかかわり方を変える

 ②仕事の意義を考える(俯瞰する)

 ③アイデアや工夫を活かす






昨日のブログでご紹介した「掃除をする男性」は、まさに「③アイデアや工夫を活かす」ことで、単調な仕事に楽しさを見出していた例になりますね😉







加えて、ジョブ・クラフティングの例としてしばしば用いられるのは、

経営学者ピーター・ドラッカーによる「3人の石工」です。





あるところに、3人の石工がいました。





1人目の石工に「何をしているのですか?」と尋ねます。



すると、石工は、

「親方の命令でレンガを積んでいます」

と答えました。





2人目の石工にも同じ質問をすると、

「レンガを積んで塀を造っています」

と答えました。





そして、最も生き生きとした様子で仕事をしている3人目の石工は、

「人々がお祈りをするための大聖堂を造っています」

と答えました。





つまり、同じ石工という仕事でも、

「命令されてレンガを積んでいる」と捉えるか、「大聖堂を造るための意義深い作業だ」と捉えるかによって、

仕事に対するモチベーションや幸福感はまるで異なるのです。





昨日のブログでも述べましたが、「いかなる仕事も面白くすることはできる」のです✨







僕の仕事も、簡単に言ってしまえば、「プレゼンスキルを教えること」です。



しかしながら、少し俯瞰して見方を変えれば、

ビジネスもプライベートも、人生はプレゼンの連続です。



したがって、このスキルを身につけることは、単なる勉強に留まらず、人生が豊かになります。



顧客の「人生を変える仕事」なのです。





このスキルを「より楽しく」「より面白く」学んで頂けるよう、アイデアや工夫をたっぷり凝らしていきたいと思います☺️







ビジネスシーンで役に立つ笑いのスキルを身につけるセミナーを開催しています。

尚、
11月度もオンライン(ZOOM)開催です☆

-マインド

© 2020 Laugh Lab. All Rights Reserved.