プレゼンテーション

みんなストーリーが大好きだ

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








コミュニケーション理論の生みの親のひとりであるアリストテレスは、

「エトス」「ロゴス」「パトス」という3要素が揃ったときに説得できると提唱しました。





⚫︎エトス:Ethosは倫理や信頼を意味し、Ethics(倫理)の語源です。

⚫︎ロゴス:Logosは「論理」を意味し、Logicの語源です。

⚫︎パトス:Pathosは「情熱」を意味し、Passionの語源です。








TED史上最も長いスタンディング・オベーションを受けたブライアン・スティーブンソンは、

「エトス:10%」「ロゴス:25%」「パトス65%」

と、なんとプレゼンテーション全体の65%を「パトス」に充てたとのことです。







しかし、「パトス」と言われても、具体的にはいったい何を行ったのでしょうか?🤔







答えは、「ストーリー」を語ったのです。





脳スキャンを使った実験では、ストーリーは人間の脳を刺激し、夢中にさせることが明らかになっています✨





プレゼンテーションでは、思いっきり、物語を語ろう!







みんなストーリーが大好きだ。

生まれつき、そうなんだ。

ストーリーは我々が何者であるかを教えてくれる。

我々はみな、人生に意味があると確信したい。

ストーリーほど優れた確認方法はほかにはない。

ストーリーは過去、現在、未来という時を超え、自分自身や、実在あるいは架空の人々との共通点を経験させてくれる。



映画『トイ・ストーリー』の脚本家アンドリュー・スタントン、2012年2月のTEDにて。

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-プレゼンテーション

© 2020 Laugh Lab. All Rights Reserved.