プレゼンテーション

人前で話すときのあるべき姿

働くをもっと、面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








皆さん、まさかとは思いますが、人前で話すとき、

「自分は偉い」

とか思ったりしていませんか?





その考えは改めましょう😤



たまたま “役割を与えてもらった” から話せるのです。





相手が偉いとか自分が偉くないとか、逆に人前で喋る自分は偉い立場にいるということは勘違いでしかありません😠



相手の方が、経験値が上だったとしても関係ありません。





お分かり頂けましたか?



素直でよろしい😊(←偉そう?笑)





自分に与えられた役割を演じきって、

「話を聞いてくださる全ての方の未来が少しでも良くなるように、全力で話をさせてもらう」

ということが、話し手として誠実な態度であり、あるべき姿です⭐️





つまり、

目の前の人が年上であろうが下であろうが、

社会的地位が上であろうがまだ未熟な後輩たちであろうが、

人前で話すときの心構えは何ら変わらないのです。





目の前の方に、「自分と同じ間違いを起こさないでほしい」と語りかけたり、

自分が現場で感じとってきたこと、培ってきた技術を提供し、現場が変わるキッカケを提供することに、全集中して話す。



そうです。凪(なぎ)です。



よくできました㊗️





この気持ちこそが、人前で話すときの心構えなのです😎







…べ、別に!鬼滅にハマってるわけじゃないからな!💦





バッケツ!!!👊

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-プレゼンテーション

© Laugh Lab,All Rights Reserved.