プレゼンテーション

良い広告と悪い広告

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








皆さんは、アップルの共同設立者の一人であるスティーブ・ジョブズと、クリエイティブディレクターを務めたリー・クロウの逸話をご存知でしょうか?





iMacの30秒のCMに、4つか5つのメッセージを盛り込むことをスティーブ・ジョブズが望んだ時の逸話です⭐️







リーはメモ帳から5枚の紙をちぎると、1枚ずつ丸めはじめた。

全てを丸め終えると彼のパフォーマンスがはじまった。

「スティーブ、キャッチしてくれ」と言って、紙の玉を1つテーブル越しに投げた。

スティーブは難なくキャッチして、投げ返した。

「これが良い広告だ」。リーが言った。

「またキャッチしてくれ」と言って、紙の玉5つ全てをスティーブのほうに投げた。

スティーブは1つもキャッチできず、紙の玉はテーブルや床に落ちた。

「これが悪い広告だよ」







この逸話にあるように、伝えたいメッセージはまず受け取ってもらわなければ話になりません。





いざ、プレゼンをするとなったら、あれもこれもと言いたくなるのはあるあるです😇





「ああ、要素がいっぱいになってしまっているな」と思ったら、受け取る相手のことを思い浮かべてみましょう✨





そこから、ぎゅっと絞るのです😉

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-プレゼンテーション

© Laugh Lab,All Rights Reserved.