プレゼンテーション

句読点の打ち方

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








以前、ある落語家さんから、

人を引き込む話し方には、「リズム」「テンポ」が重要である、

そう教えて頂きました。





そのための練習方法は2つ。



1つ目は、人間の脈拍数は60〜70回/分であり、

人体はこのリズムとテンポを心地よく感じるため、

メトロノームを活用して練習すること。





2つ目は、お手本となる落語家を徹底的に真似ること。



歌を歌ったり、音楽を演奏する際、譜面には息継ぎ(ブレス)の箇所が記されていますが、

それは落語でも全く一緒であり、息継ぎを真似るとリズムとテンポが似てくるとのことです。







そしてさらに、ここで本日のタイトルに繋がるのですが、



このことは、音楽や話し方だけでなく、文章にも通ずるのです。





「句読点の打ち方」は、息継ぎのタイミングを共有するものだと僕は考えています。





今もまさにブログを書きながら意識しておりますが、

「ここで息継ぎをしてもらえたらいいかな」

「いや、やっぱりここは一気に読んでもらいたいぞ」

とリズムとテンポを計算しながら点と丸を打つようにしています。





文章力を向上させるための基本中の基本であり、続ければ必ず成果が現れるのが、書き上げた後に音読すること。



せめて黙読はしっかりやりましょう。



そこで句読点を打つのか、打たないのか。



自分がリズムよく読める文章は、相手にも心地よく伝わっていきます💓







ちなみに、小説家の絲山秋子さんの作品「沖で待つ」の書き出しが本当にお見事です。





「しゃっくりが止まら、ないんだ」





句読点の打ち方一つでも、心をつかむことはできるのです✨

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-プレゼンテーション

© 2020 Laugh Lab. All Rights Reserved.