マインド

第一読者は自分

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








ここ数日、ブログの発信について述べてきましたが、

そもそも、僕たちは誰に向けて書いているのでしょうか🤔





書くときに「ペルソナ(読者像)は誰か考えましょう」と言われることがあります。





しかしながら、これはあくまでも僕の所感ですが、書くのはまず自分のためでいいと思っています。



その文章の中に自分の喜びがあるかどうかがとても大切。



コピーライターである田中泰延さんの著書「読みたいことを、書けばいい。」でもそう伝えられています。





誰かに何かが届く時、その広がり方は同心円状だと聞いたことがあります。



最初は小さくても、じわじわと円は広がっていく。



その中心には間違いなく自分がいることを忘れてはいけません。





第一読者は自分。



だからまずは、自分自身が書いて嬉しいと思えるものを書く。





第二読者は最初の相手。



この文章を最初に誰が読むのか。



つまり、友人でも、家族でも、SNSでつながりのあるフォロワーでも、この人に読んでもらいたいという人がきっといるはずです。



その人が同じく読めて嬉しいと思うかどうか。



そこで喜びの気持ちがつながれば、第三、第四とバトンはつながり、まだ見ぬ読者へときっと届いていくと思います✨

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-マインド

© 2020 Laugh Lab. All Rights Reserved.