プレゼンテーション

プレゼンとは、自分と向き合うこと

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








さて、プレゼンを行う際、結局のところ相手に受け入れてもらいたいこととは、いったい何なのでしょうか?



とどのつまり、「自分」という存在なのではないでしょうか🤔





プレゼンによって、自分が必要とされればいい。



それさえあれば、そこから関係がはじまります。





プレゼンで提案した内容がそのまま世に出ることなんてほぼありえません。



あくまでもスタートなのです。





プレゼンは、自ら問い、自ら答えを出した一つのかたち。



それを相手とさらに練り上げて、ゴールを目指していくのです。





現代の社会では、あらゆるところで「誰かの答え」が語られています。



セミナーやトークイベントが毎週開かれているのは、「こんな風にやったらうまくいった」という答えをみんな知りたいからです。





「他問他答」を聞きながら「自分ならどうするか?」と思いを馳せる。



本当に考えないといけないのは「自分の問い」「自分の答え」です。





自問自答を繰り返すことで、自分自身の言葉が濃くなっていきます。



プレゼンとは、「自分」と向き合うことの連続です。





だからこそ、自分が心の底から信じられる本当にいいと思う答え、つまりはプレゼンがあるなら、どんどんやるべきだし、つまずいたらまたそこで問うてみればいい。



プレゼンを行うことは、自分の人生を選ぶこと。





本当に納得できる人生を生きるためにも、自分で問い、自分の答えを言葉にしよう。





僕が僕であるために。

尾崎豊






そのことだけは忘れずにいたいと、心から思う。

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-プレゼンテーション

© Laugh Lab,All Rights Reserved.