プレゼンテーション

1+1=?

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








さて、本日のタイトルを見て、頭の中に何が思い浮かびましたか?



たいていの方は、無意識に「2」をイメージされたはずです💡





いかがでしょう?



念のため確認しておきますが、僕は一度も「計算しろ」なんてお願いしていないんです😎



にもかかわらず、なぜか皆さんは勝手に解いてしまったようですね。





「くだらないな」と感じられた方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっとお待ちを✋



この実験には続きがあります。





先ほどと同じ要領で、以下をじっくりと眺めてみてください😉



では、いざ、参りましょう!



(解けとは言っていませんよ、念のため🤭





 ⚫︎28×4=?



 ⚫︎39271÷23=?





上の問題、絶妙の難易度で誘ってきますよね😂



やっぱり計算してしまいましたか?



解いてしまう人もいれば、「解かないように、解かないように…」と心で歯を食いしばった方もいらっしゃるでしょう😬





一方、下の問題はきっと誰も解かなかったのではないでしょうか?



暗算が得意な人ならまだしも、たいていの人は解こうという気すら湧かなかったはずです😇



どれだけ見つめても、解く気が起きません。





この実験を通して、皆さんの心に何が起きたのでしょうか?



出題した3問は、いずれも同じ、単純な計算問題です。



しかしながら、ほぼ全員が無意識に解いてしまう問題もあれば、ほぼ誰も解こうとすらしない問題もありました。



同じ計算問題が僕たち人間の行動をここまで変えたのです。





これはいったい、なぜでしょう?🤔



当たり前すぎて言葉にしにくいかもしれません。





1+1は解こうと思えて、39271÷23を解こうとは思えない理由、それは、、、



人の行動を変えているのは、「シンプルで簡単であるかどうか」です。





目の前にあるものが、十分にシンプルで簡単であるなら、人は勝手に解いてしまいます。



逆に目の前のものが複雑で難しいと感じた時、人は解こうとしません。





そして、このことはプレゼンにおいても、全く同じことが言えます。



プレゼンの目的は、「聞き手が行動すること」です。



思わず動いてしまうように、プレゼンはシンプルにすることを心がけましょう!😊

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-プレゼンテーション

© Laugh Lab,All Rights Reserved.