ユーモア

何の変哲もないただの石ころを面白くしてください

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








エンターテイナーなら、誰もが「なんでも面白くしたい」と願います😎



しかし、「面白い」はあくまで結果であって、過程ではありません。



だからこそエンターテイナーは「どんな過程なら結果的に面白いと評価されるのか」を考えなければいけません。





1つ例を挙げます。



ここに何の変哲もない、つまらない石ころが1つあります🪨



この石ころを面白くしてください😇







ただの石ころなんて、どうあがいても、面白くもありません🥶





じゃあどうやって面白くするか…



石ころそのものを考えていたのでは歯が立たなさそうです😭



そこで、こんな回答ではいかがでしょう。





【回答例1】

長くまっすぐな道の真ん中に置く。

通り掛かった人は、それがただの石であろうとも、つい蹴りたくなるでしょう。





【回答例2】

ホラー映画を見ている人の脇に落とす。

きっと驚きます、あまりに滑稽な驚き方に、笑いが生まれるかもしれません。





【回答例3】

監禁されている人のポケットに忍ばせる。

なぜ石があるのか? その石を使って逃げられないか?

ただの石ころを前に、真剣に考えることでしょう。





お分かりいただけましたか?





大切なのは石ころそのものではなく、石ころと登場人物が触れ合う文脈です。



その人物がどんな文脈で石ころと接したのか、それこそが価値を生み、そこではじめて面白みが出てくるのです😊





人間は誰もが胸のなかに、宝石となる石を持っている。

空海

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-ユーモア

© Laugh Lab,All Rights Reserved.