プレゼンテーション

擬態語・擬音語で「話の中」に引き込む

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








「キラキラした人」なら魅力的に感じますが、

「ギラギラした人」だと強欲な感じがします。



「ニコッとした」ならさわやかですが、

「ニタッとした」だと怪しげです。





こういう効果をプレゼンテーションに使わない手はないでしょう。







さらに、おとぎ話の「桃太郎」の冒頭で語られる、

「大きな桃がどんぶらこ、どんぶらこと流れてきました」の「どんぶらこ、どんぶらこ」は、

一瞬にして話の世界観を構築する効果があるといえます。





だから、落語や怪談ではとりわけ重用され、おかしさや怖さの世界に聴衆を引き込む役割を担っています。





実際、僕たちは、

例えば「しとしと、ギシッギシッ、ひゅうひゅう、タンタンタン」と聴いただけで

「なんだか怖そうだなあ」と感じるのですから、効果は大きい。



プレゼンテーションにぜひとも応用していただきたいと思います😊



ただし、擬態語・擬音語の効果は、タイミング、テンポ、抑揚、表情、ジェスチャーなどでかなり変わるので、デリバリースキルとの併用を意識しましょう。

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-プレゼンテーション

© Laugh Lab,All Rights Reserved.