プレゼンテーション

メッセージの85%は言葉以外から

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








何かを話すことで相手に伝わる情報のうち、言葉が占める割合は15%に満たない😇





聞き手は、僕らの表情や姿勢、手の動き、服装、視線の動き、言葉を発するタイミング、声のトーン、さらには、手に持っているペンの種類、周囲にいる他の聴衆の反応、髪型といった要素も含めて、様々な情報を受け取っているからです。



人はだれでも、先入観を抱いたり、物事を決めつけたりしまいという意思とは裏腹に、脳に入ってくるあらゆる刺激に対して、常に何らかの判断をくだしています🧠





プレゼンテーションを行うときも例外ではありません。



聞き手は僕らのあらゆる要素から情報を得て、僕らがどういう人物で、メッセージが自分にとってどういう意味をもつか結論づけます。



そうやって、僕らが意図する以上に多くの判断をくだしているのです😎





プレゼンテーションでは、「何を」話すかだけでなく、「誰が」「いつ」「どこで」「なぜ」「どうやって」話すかにも注意を払いましょう⭐️





芝居の世界では「一に声、二に振り、三に姿」と言われている。

内藤誼人(心理学者)

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-プレゼンテーション

© Laugh Lab,All Rights Reserved.