プレゼンテーション

感情で表情が変わる人より、表情で感情を変える人が賢者。

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








様々な研究によると、表情は言語などの文化的要素より強力に感情を伝えます🤭



赤ん坊は言葉を理解するよりずっと早い段階で、人の表情を通じて怒りや恐怖や愛情といった感情を理解しはじめるとのこと👶



つまり、僕らの顔も、言語や文化の壁を乗り越える強力なコミュニケーションの道具になりうるのです。





表情を活用すれば、1秒もかからずに感情を伝達できます。



言葉で説明する必要はありません。





「彼女とデートの約束が決まったとき、私はとても幸せでした」

と、くどくど言わなくても、

「彼女とデートします」

と言ってにっこり笑って見せれば、それだけで幸せな気持ちが伝わります🥰





しかし、強力な道具には例外なく、良い面と悪い面の両方あるのが世の常です😇



表情という道具は、隠しておきたい感情まで相手に伝えてしまいます。





腹を立てていることを知られたくなくても、怒りの感情は隠せません😡



もし、相手を尊敬していなければ、いくら満面の笑みを浮かべて見せたところで本音が伝わってしまいます🤪



自分自身が希望を失っていたり、意気消沈していたり、挫折感を味わっていたりすれば、いくら人々の情熱をかきたてる素晴らしいストーリーを語っても効果は乏しい。

表情を通じて、その失意が相手に伝わり、メッセージの説得力が弱まるのです😰





また、

俳優は、喜びの表情を浮かべるために顔の筋肉の構造を研究したりはしません。



彼らは、自分の頭と体を喜びで満たす方法を身につけようとします。



喜びを感じれば、おのずと顔に喜びが表れると知っているからです😊





僕らは、表情を通じてとても多くのことを伝達できます。



1つの表情で、言葉にして3、4センテンス程度の情報が伝わるでしょう。



だから表情を活用すれば、プレゼンのテンポを上げられるのです✨





感情で表情が変わる人より、表情で感情を変える人が賢者。

斎藤茂太

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-プレゼンテーション

© Laugh Lab,All Rights Reserved.