ストーリーテリング

人間らしい要素に訴えかける

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








万人に共通する側面に働きかける時には、「ユーモア」が効きます😎





アメリカのコメディアン、ジョージ・カーリン氏は、食べ物を床に落とした時、人がどう振る舞うかをコントにしました。



企業経営者だろうと、家庭の主婦だろうと、映画スターだろうと、とても食べたかったものを床に落としてしまった経験はあるでしょう😱





そういうとき、あなたはそれを拾い、埃を払って口に入れますか?



それとも、床に落とした以上は無条件にゴミ箱に捨てますか?



誰かに見られているかどうかで、行動が変わりますか?





誰もが身に覚えのあることをストーリーで語れば、地位や立場の違いを超えて、あらゆる人に再認識を促すきっかけになります。



ほとんどの場合、何をしてほしい、どう考えてほしいといきなり訴えても、相手は自分と同じ波長でものを考えてはくれません。



しかし、人間なら誰もが持っている共通の経験に働きかければ、それが可能になります⭐️





僕らがストーリーを語る上で最大の強みは、僕らが人間であるという事実です。



僕らは一人の人間として、たいていの人間が何を愛し、何を嫌い、何を恐れ、何を望み、何を嘆き悲しむかがわかっています。



こうした万人共通の感情を通じて、僕らと聞き手、さらには聞き手と他の聞き手を結びつけるようなストーリーがあれば最高です✨





何に情熱を燃やし、何を面白いと感じるかを述べても良いでしょう。



情熱や愉快な気持ちを表現している人を前にしたら、誰だって白けた気分ではいられません🔥





あなたがクラシックカーの修復に情熱を燃やしていれば、たとえ僕が同じ趣味を持っていなくても、その情熱は僕にしっかり伝わります🚗



修復を完了させるために必要な後部バンパーを四年も探し回り、ついにそれを見つけた時の喜びを語れば、その喜びの感情があなたと僕を結びつけるのです😊





人間は真実を見なければならない、真実が人間を見ているからだ。

ウィンストン・チャーチル

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-ストーリーテリング

© Laugh Lab,All Rights Reserved.