ストーリーテリング

ストーリーテリングのトレーニング方法

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








昨日のブログでは、ビバリー・ケイ氏が提唱するテクニックをお伝えしましたが、

本日は僕自身が実際に行っていてお勧めしたいトレーニング方法をご紹介します😊







まずは、

友達にストーリーを語り、どこが良かったか教えてもらうことです⭐️



その際、プロのストーリーテラーを目指すのでない限り、欠点を指摘してもらう必要はありません。





ストーリーを語るのは創造的行為です。



その腕を磨くには、意識して自分の長所に目を向けるのが一番です😎



批判を受けると、エネルギーが奪いとられて成長が妨げられます。





試しに友達にストーリーを語るときは、どこが気に入り、どこが上手だと思ったかを教えてもらいましょう👍



新しいストーリーを語るようになってあまり早い段階で批判を浴びると、ストーリーの息の根が止められかねません😱





あ、、、

友達が、いない?🤭



ご、ご安心ください。

そんな "ぼっち" なあなたに最適な講座があります↓↓

毎週土日、朝8:30より、思う存分語れる場を用意しておりますので、ぜひお気軽にご参加ください♬



かくいう僕自身もここで毎週たくさんの方から褒めちぎられているので、どんどんストーリーを語ることが楽しくなっています🥰







そして、

僕が一番好きなトレーニング方法は、笑わない人を微笑ませるというものです😇



これを試みることで、ストーリーを語る技能とストーリーを探す技能の両方を同時に磨くことができます。





相手を笑わせるためには、自分がストーリーを語るのと同じくらい、相手にストーリーを語ってほしいと水を向けることも多いです。



相手が笑ってくれず、自分だけ笑って終わる場合もありますが、それでもいいんです🥲





どうやったら人を微笑ませられるかを試すことで、僕はどんな心理学講座を聴講するよりも、人間行動のあり方に関して多くのことを学んだと自負しています。



この訓練で身に付く技能を、そして人を微笑ませることで感じる喜びを、軽く考えてはいけません。





特に、

不機嫌な人と接する時はストーリーを探すべし。



ストーリーを語るようになると技能だけでなく、直感も磨かれるのです😉





素早く決断しろ。頭で考えていては遅すぎる。トレーニングによって直感的に動けるようにしておかなければならない。

カール・ゴッチ(プロレスラー)

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-ストーリーテリング

© Laugh Lab,All Rights Reserved.