プレゼンテーション

小学生にわかる言葉で語る

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








1975年、米国海軍の要請を受け、ピーター・キンケイドらがフレッシュ・キンケイド可読性試験なるものを開発しました。



この試験は、米国国防省に採用され、訓練マニュアルの読みやすさを測る指標として普及していきます📖



最近は、学校の授業で使う本の可読性が学年に応じた適切なレベルであるか否かの確認に使われています🎓





これがフレッシュ・キンケイド式グレードレベル試験で、単語の長さ、文の長さ等をもとに、その文章を理解するには何年生レベルまでの教育を受けている必要があるかを判定してくれます。



例えば、ハーバード・ビジネス・レビュー誌のスコアは17年以上、つまり、大学卒業以上の教育が必要という判定結果となります。



ニューヨークタイムズ誌は中学3年生以上。



ちなみに、「一般向けの文章は、中学2年生が読めるレベルにすべき」とされています。





当試験において、スティーブ・ジョブズやイーロン・マスクなどの著名な発明家は、小学生でもわかるくらい優しい言葉でメッセージを伝えているとの事です😊



シンプルなストーリーを、シンプルに語りましょう!





MBA保持者の採用はできるだけ避けるべきだ。MBAのプログラムではどう会社を創るかを教えてくれないからね。

イーロン・マスク

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-プレゼンテーション

© Laugh Lab,All Rights Reserved.