マインド

【W杯アジア最終予選】格下相手の敗戦から学ぶべきこと

働くを、もっと面白く。

Laugh Lab(ラフラボ)です☆








2022年11月にカタールで行われるFIFAワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選において、つい先ほど大事な大事な初戦が終了しました。





アジア最終予選では、2次予選を勝ち抜いた12カ国を2グループに分け、ホーム&アウェイの総当たり戦を行います。



各グループ2位までの4カ国がワールドカップ出場権を獲得し、

各グループ3位の国同士でプレーオフを行い、勝者が大陸間のプレーオフに進出します。





7大会連続のワールドカップ出場を目指す日本はグループBに入りました。





【グループA】
イラン(26位)
韓国(36位)
アラブ首長国連邦(68位)
イラク(70位)
シリア(80位)
レバノン(98位)

【グループB】
日本(24位)
オーストラリア(35位)
サウジアラビア(61位)
中国(71位)
オマーン(79位)
ベトナム(92位)

※()内はFIFAランキング





初戦の相手は、鬼門と評される中東「オマーン代表」。



上記のFIFAランキングから見ても、

過去の公式戦歴(10戦8勝0敗2分)から見ても、

明らかに格下の相手です。



文字通り、「絶対に負けられない戦い」でした。





結果は、「0-1」でまさかの黒星発進。





試合後の選手インタビューでは、

吉田麻也選手は「負けるべくして負けた」

長友佑都選手は「あり得ない敗戦」

と語りました。





全国のサッカーファンの皆様は、本日の試合をどのようにご覧になりましたか?





小、中、高、大と、青春のすべてをサッカーに捧げた僕は、

「圧倒的にシュート数が足りない」

と、敗因を分析します。





本日は非常に悪天候であり、特にキーパーにとっては最悪なコンディション。



ボールは重く、スリップし、バウンドは読みにくく、キャッチングのミスは起こりやすい。





にもかかわらず、前線の選手は自ら強引にシュートを狙うシーンが極めて少なかった。



後半終了間際での失点後、ようやく真剣な表情が伺えましたが、さすがに遅すぎました。





この試合から、僕らは何を学ぶべきでしょうか。



それは、

「シュートを打たない限り、絶対に勝てない」

ということです。



当たり前ですが、とても大切なことだと思います。





好きな人には告白をしないと、付き合える可能性はゼロです。



営業マンも得意先に対してはっきりと意思表示をしないと、売上は決して上がりません。



笑いも自ら取りにいかないと、スベることもなければ、ウケることもない。





要は、覚悟を決めて結果に繋がる具体的な行動を起こさない限り、勝負の世界では確実に生きていけない。



本当の敵は、対戦相手ではなく、自分自身です。



まさに、「負けるべくして負けた」のです。





敗北から学び、次の勝利へ繋げましょう。





本日は試合中、解説の松木安太郎氏と僕のコメントが終始カブりまくっていて、我が家では小さな笑いを大量得点していましたが、

人生においても「日々を精一杯生きる」ことを常とし、積極的にシュートを打ち続けたいと思います。





日本代表の選手たち、ドンマイです。



共に成長しよう!





打たないシュートは、100%外れる。

ウェイン・グレツキー(アイスホッケー選手)

★ビジネスシーンで役に立つ「面白い!」を学ぶセミナーを開催しています★

-マインド

© Laugh Lab,All Rights Reserved.