笑いとユーモアの名言集

■ビジネス■



笑い声のないところに成功はない。

アンドリュー・カーネギー(アメリカの実業家)





私に笑いとユーモアのセンスがなかったら、大統領の重責に耐えられなかっただろう。

エイブラハム・リンカーン(アメリカの政治家、弁護士)





笑いは2人の人間の最短距離だ。

ヴィクター・ボーグ(デンマーク系ユダヤ人のコメディアン、ピアニスト)





自分のジョークで笑ってほしいなら、相手に「あなたにはユーモアのセンスがある」といえばよい。

ハーバート・プロチナウ





ジョークを口にするときは、いかにもそれを楽しんでいるように振る舞おう。そうすれば、ジョークの話し方を知っていることになる。

レオ・ロステン(アメリカのユダヤ系作家、政治学者)





もし神様を笑わせたいのなら、君の将来の計画を神様に話してごらんなさい。

ウディ・アレン(アメリカの映画監督、俳優、脚本家、小説家、クラリネット奏者)





人の性格がもっともよく示されるのは、何に笑うかによってである。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家)





成人している若者は気分がハイで、いつも意味なく笑っている。

チャールズ・ダーウィン(イギリスの自然科学者)





笑い方によって、その人を知ることができよう。まったく何も知らぬ人でも、その笑い方を好いたとすれば、あなたは彼が善良な人間なのだと、きっと自信を持って言えるだろう。

フョードル・ドストエフスキー(ロシアの小説家、思想家)





笑い方を知らぬ人々は、いつでも尊大で自惚れが強いものだ。

ウィリアム・メイクピース・サッカレー(イギリスの小説家)





コメディーで一番面白いのは、なぜ人が笑うのかどうしても分からないことだ。何に笑うのかは分かるけれど、なぜそれに笑うのかを知ろうとするのは、水桶からウナギをつかみ上げるようなものだ。

W・C・フィールズ(アメリカの役者、俳優、コメディアン)





「コメディアンになりたいんだ」って言ったときはみんなに笑われた。でもいまじゃ誰も笑ってくれない。

ボブ・モンクハウス(イギリスのエンターテイナー)





心から腹を抱えて笑ったことのある者なら、まったく取り返しがつかぬほどの悪人になることはあるまい。

トーマス・カーライル(イギリスの歴史家、評論家)





笑いを誘うものはすべて、新しくて予想を裏切るものでなければならない。

トマス・ホッブズ(イギリスの哲学者)





観客を笑わせる最善の方法は、自ら笑い出すことだ。

オリヴァー・ゴールドスミス(英国の詩人、小説家、劇作家)





笑わせてくれる人をすっかり嫌ってしまうことができないのは、私の性格の欠点の一つだ。

サマーセット・モーム(イギリスの小説家、劇作家)





朝一番に微笑む。そして憂鬱を振り払う。

W・C・フィールズ(アメリカの役者、俳優、コメディアン)





見た目は大事だ。だから、笑顔を忘れるな。

ネルソン・マンデラ(南アフリカ共和国の政治家、弁護士)





優れたユーモアは、社会で身につけることのできる最上の服の一つだ。

ウィリアム・メイクピース・サッカレー(イギリスの小説家)





笑うに値する冗談の背後にはいつでもアイデアがあり、おおよそは破壊的なアイデアだ。

ジョージ・オーウェル(イギリスの作家、ジャーナリスト)





世の中に笑いや面白いユーモアほど、たまらなく伝染するものはない。

チャールズ・ディケンズ(イギリスの小説家)





微笑みさえすれば、世界にはまだ価値があると分かる。

チャールズ・チャップリン(イギリスの映画俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサー、作曲家)





面白きこともなき世を面白く 住みなすものは心なりけり

高杉晋作(日本の武士)





この世の中はどうしようもないことだらけであり、それに立ち向かう我々の武器は「笑い」だけだ。だからあえていおう。自分を笑い飛ばせる人こそ、強い人である。

ゴードン・W・オルポート(アメリカの心理学者)





人類は、極めて有用な武器を手にしている。それは笑い声のことだ。

マーク・トウェイン(アメリカの著作家、小説家)





笑う動物は人間だけだ。笑う必要のある動物も人間だけだ。

マーク・トウェイン(アメリカの著作家、小説家)





イヌは確かに笑うが、自分の尻尾にも笑う。ヒトがイヌよりも進化の高いステージにいるのは、うまいオチに笑えるようになったからだ。

マックス・イーストマン(米国の批評家、詩人)







■ヘルスケア■



人の顔を美しくする最高の美容術は、笑いである。

斎藤茂太(日本の精神科医、随筆家)





気持ちが落ち込むと、全身が落ち込み、それは細胞レベルにまで伝わる。だから、まず、エネルギー・レベルを上げることだ。そこでは「遊び心」がものをいう。そこから希望が生まれ、エネルギーが湧き出る。

O・カール・サイモントン(アメリカの精神腫瘍学者)





石鹸が身体に効くように、笑いは心に効く。

ユダヤの諺





笑いは心をリラックスさせてくれる。深呼吸をして、「これもいずれ過ぎ去る」と唱えるのと同じ効果がある。

オデット・ポラー





ユーモアは食べ物と同じだ。他の人と分かち合うことが、心身の健康の基本である。

ノーマン・カズンズ(アメリカのジャーナリスト、作家)





なぜ人間だけが笑うのか。それは、人間の苦しみがとてつもなく深いので、笑いを生み出す必要があったから。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者)





私は笑いの効用を目にしてきた。笑いは耐え難いことに耐える力をくれ、希望の光を見せてくれる。

ボブ・ホープ(アメリカの俳優、コメディアン)





心から笑えば、薬を10錠飲むよりきっと効果がある。

アンネ・フランク(ユダヤ系ドイツの作家)





私の痛みは誰かの笑いの種かもしれない。しかし決して、私の笑いが誰かの痛みになってはいけない。

チャールズ・チャップリン(イギリスの映画俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサー、作曲家)





顔を上げ、大声で笑い、大言壮語し、頬を色づかせ、目を輝かせて、個性を飾り、健康と美と精気とを維持し給え。そうすれば、立派な人物として通用するだろう。

ウィリアム・ヘイズリット(イギリスの著作家、批評家、随想作家)







■マインド■



笑いのない日は、無駄な一日である。

チャールズ・チャップリン(イギリスの映画俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサー、作曲家)





楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。

ウィリアム・ジェームズ(アメリカの哲学者、心理学者)





天国にユーモアはない。

マーク・トウェイン(アメリカの著作家、小説家)





笑うべきときは3つある。嬉しい、楽しい、愉快なときに笑え。嬉しくなりそう、楽しくなりそう、愉快になりそうなときに笑え。その他、いかなるときにも笑え。

伊藤一輔(日本の医学博士)





ウィットは、無関係の2つのアイデアが不意に結びついた時に生まれる。

マーク・トウェイン(アメリカの著作家、小説家)





物事のおかしな面に気づかないうちは、本当に強い人とはいえない。

ケン・キージー(アメリカの作家)





面白おかしいことは、いたるところにある。

ドクター・スース(アメリカの絵本作家、画家、詩人、児童文学作家、漫画家)





笑ってしまえるなら、どんなものもおかしい。

ルイス・キャロル(イギリスの数学者、論理学者、写真家、作家、詩人)





欲はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている…そういうものに私はなりたい

宮沢賢治(日本の詩人、童話作家)





自分を笑い飛ばせなければ、一人前の大人ではない。

エレノア・ルーズベルト(フランクリン・ルーズベルトの妻、アメリカ国連代表、婦人運動家、文筆家)





自分がからかわれたときにそれを笑い飛ばせるのは一人前の証だ。相手も進んであなたの話を聞こうとする。

ラリー・ワイルド





ヘマをするのが人間。つまずくのは当たり前。自分を笑い飛ばせるのは成熟の証し。

ウィリアム・アーサー・ウォード(アメリカの作家、牧師、教師)





次世代に贈り物をするとしたら、私は自分を笑い飛ばす力を贈りたい。

チャールズ・モンロー・シュルツ(アメリカの漫画家)





トラブルを笑い飛ばすことを学ばなければ、年をとってから笑うものは何もない。

エド・ハウ





笑いとユーモアの条件は、自分の愚かさを受け入れ、ジョークを理解し、自分こそがジョークに他ならないと気づくことだ。

クリフトン・ファディマン(アメリカの知識人、作家、編集者、ラジオ、テレビのパーソナリティ)





何を笑っているのか。笑っているその対象は、あなた自身ではないか。

ニコライ・ゴーゴリ(ロシアの小説家、劇作家)





行き過ぎた悲しみは笑う。行き過ぎた喜びは泣く。

ウィリアム・ブレイク(イギリスの詩人、画家、銅版画職人)





孤独の笑いはしばしば、優越の笑いである。

グレアム・グリーン(イギリスの小説家、脚本家、文学評論家)





泣くことよりも笑うことについて書きたい。なぜなら、笑いは人を人間的にし、また勇敢にするからだ。

フランソワ・ラブレー(フランスの人文主義者、作家、医師)





笑うことは、人間に特有のものだ。

フランソワ・ラブレー(フランスの人文主義者、作家、医師)





ユーモアで笑われるのは嬉しくとも、愚かさで笑われるのはそうとはならない。

ジョナサン・スウィフト(イングランド系アイルランド人の刺作家、随筆家、政治パンフレット作者、詩人、司祭)





悪をもっとも効果的に攻撃する方法は、人前で笑い者にすることだ。人は非難を我慢はできても、笑われることには耐えられないものである。

モリエール(フランスの俳優、劇作家)





覚えておいておかなければならないルールは一つしかない。あらゆるものを笑い、他の人のことは忘れること。

アンネ・フランク(ユダヤ系ドイツの作家)





終わったことに悲しまずに、起こったことに微笑み給え。

ドクター・スース(アメリカの絵本作家、画家、詩人、児童文学作家、漫画家)





どんな笑いにも、涙があるはずだ。

ウォルト・ディズニー(アメリカのアニメーター、プロデューサー、映画監督、脚本家、漫画家、声優、実業家、エンターテイナー)





例えば私のように、自分のせいであろうとなかろうと、笑いたいという気持ちを完全に失ってからあまりに長い年月を数える者にとっては、何よりもまずよく笑うことが必要なのだ。

フィンセント・ファン・ゴッホ(オランダの画家)





笑いというのは、我々が偏屈になることを防いでくれる矯正力である。

アンリ・ベルクソン(フランスの哲学者)





人間というのは、笑ったり泣いたりする唯一の動物である。何となれば、それは物事がどうあるかとどうあるべきかの違いに心を打たれる唯一の動物であるからだ。

ウィリアム・ヘイズリット(イギリスの著作家、批評家、随想作家)





見て見ぬふりしてください、先生、何年かたてば笑い話ですから。

チャールズ・モンロー・シュルツ(アメリカの漫画家)





笑われて、笑われて、つよくなる。

太宰治(日本の小説家)





信じてごらん、笑顔から全てがはじまるから。

尾崎豊(日本のシンガーソングライター)

© Laugh Lab,All Rights Reserved.